トイプードル

いつまでも一緒にいたいのであればペット保険に加入しよう

ペット用の介助道具

診察

子供がいない家庭が増加傾向にある昨今、犬などのペットが子供同然に扱われるようになりました。一昔前は泥棒よけの見張り番という立ち位置でしたが、今では家族の一員と言っても差し支えない程です。こういった考え方が一般的になるに従って、ペット用の洋服やおもちゃが盛んに作られるようになりました。食事や医療の面でも人間並みの待遇です。ペットの犬が人間同様に大事にされるようになった結果、病気や障害で不自由な体になった場合に便利な介助道具が作られるようになりました。特に開発が進んでいるのが犬用の車椅子です。病気や交通事故が原因で後ろ脚が自由に利かなくなった際に利用することができます。ペットに関する医療技術が進化するにつれて犬の寿命も伸びたため、車椅子を必要とするケースが増加していると言われています。飼い主の犬に対する愛情は言うまでもなく、犬が長生きしやすい現在の環境が犬用車椅子の人気を高めていると言えます。

犬用の車椅子はどのような形状をしているのでしょうか。以下に説明を致します。犬は人間と違い四足歩行をしているため、それに合わせた形で車椅子を作る必要があります。そのため四つん這いになった時に腹部を支える部品が取り付けてあり、それから伸びる形で後ろ脚部分に車輪が設置されています。この車輪が後ろ脚の働きを代行するのです。小さなリヤカーのような道具で腹部より後ろを支えている形になります。支点となる腹部に体重がかかりますので、擦れたりしないようにベルトで調整できるようになっているのも特徴です。一口に犬と言っても大きさは様々ですので、それに合わせて色々な大きさの車椅子が作られています。そのため、こういった車椅子の多くがオーダーメイドによって作られています。それぞれの体格や障害に合わせて部品の形を変えてもらうことも可能です。